金買取と金コインについて

金買取と金コインについて 金の価格はgあたりの日本円で表すことが多いですが、金コインは重さ以上の価格で売却できることがあります。
金貨や金コインにはカナダのメイプルリーフ金貨をはじめ、オーストリアのウィーン金貨やオーストラリアのカンガルー金貨などが有名で、金買取の業者の間では高値で取引されています。
当然、高純度の金貨の方が高くなりますが、純度が低くてもデザイン性や希少性のある金コインは、高価買取が可能です。
例えば大手の金買取専門店では、30年以上前に購入したコイン型のペンダントトップや、投資目的で購入したというコインが高値で買い取られています。
中国で買ったコインネックレスや、遺品整理で見つかったコインなども、思わぬ高値が付き、驚いたという口コミも多いです。
一例を挙げると、小ぶりのコインネックレスが98,000円前後から160,000円という値段で取引されています。
ただし金相場は日々変動しているので、日頃から情報収集をした上で、大手金買取ショップで査定を受けると良いです。

金買取と独立40年記念金貨について

金買取と独立40年記念金貨について 独立40年記念金貨は北朝鮮独立40年を記念して発行が行われた記念金貨です。
種類としては、1オンス、1/2オンス、1/4オンス、1/10オンスの4種類があり、金の品位は純金K24、999.9/1000の高品位の金貨と言えます。
尚、質量は1オンスが31.1グラム、1/2オンスが15.5グラム、1/4オンスが7.7グラム、1/10オンスが3.1グラムです。
金の品位が高い事からも、古銭商などの専門店に持ち込む事で高価な値段で買取して貰う事が出来ますし、独立40年記念金貨は4種類をセットにしたものがあり、専用のケースに収められているものなどの場合、高額な値段で買取して貰えるケースが多くあります。
但し、金貨は金買取を行っているお店に持ち込む方が高く売れるケースがあります。
特に、独立40年記念金貨の品位は純金K24であり、不純物が限りなく少ない金を利用しているため、金買取を行うお店に持ち込む事で古銭商のお店よりも高い値段が付く事もあります。
これは金相場によるので、金相場が上昇している時ほど、高価買取が行われやすくなります。